2006年7月24日 (月)

新米

もうまもなく、平成18年産のお米が出荷されます。

米の商売をしていて、たまに呆気に取られることが有りますが、その一つに「新米」という米のとらえ方があります。

「新米」は「採れ立てのお米」の呼び方です。秋に「稲刈り」がありますので、例えば18年産なら、平成18年の秋から年末まで米袋に「新米」と表示しても許されますが、年を越すとだめです。

お客さまで、年を越しても「新米をくれ」 といわれる方がおられますが、年を越すと「新米」という売り方は無くなります。

では、その平成18年産米が「古米」になったのかと言われると、そうではありません。平成19年になっても、「新米」と表示はできないが「古米」でもありません。その時点で「古米」と呼ばれるのは平成17年産です。

つまり、一つ前の産年のお米が「古米」です。一番、新しい産年のお米は「新米」と表示できないが「古米」とも呼びません。

店に買いに来られて、「新米がない、古米ばかりなのか?」と聞かれれば、今の説明になります。でも、くどい説明は特に男性に嫌われますので、感覚的に5月くらいまでは「それ新米ですよ」 と言ったほうが、すっきり伝わります。袋の表示はしませんが、新米という説明は許されます。

困るのは夏場の今の時期です。店に並んでいるお米は、「新米」登場で「古米」と呼ばれるまで後わずか1~2ヶ月。夏場はお米の味もダウン傾向です。

もうすぐ、7月末には、鹿児島県、宮崎県の「新米」も出荷されますが、北陸、東北の「新米」はまだまだ先のこの時期に「どの店に行っても新米がない、まずい古米ばっかりや、」とお怒りのお客さまがおられます。そういう時は、今買っていらしゃるお米より、少し高いお米をお勧めして、そのクラスのお米の新米が出始めると、もとのお米に戻すようお勧めします。

お米へのこだわりはお客様によって、本当に変わります。

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

「コシヒカリ」の原種

百姓米上野さん 農家紹介

綺麗に撮れた「稲」のお写真ですね、中央に白く写っているのは、「稲のオシベ」だと思います。稲の花は年に一度1~2時間しか開かないのだそうです。稲にとっては一生に一度だけ、しかも1時間ほどで開花は終わります。

「花も実もある人生」と生きたいところですが、「花は短いが実りは長い」稲の一生です。このお写真は開花がすでに終わり、一度開いた「もみ」が閉じたところでしょう、白い「オシベ」が外にはみ出したまま「もみ」が閉じたという状態だと思いますが。違ったら上野さんお知らせください。

「百姓米上野」さんでは、「コシヒカリの原種」を栽培されているそうです。「お米の品種」というのは「種(タネ)の種類」ということですが、コシヒカリ、秋田こまち、ひとめぼれ、ささにしき等、登録されているものだけで何百もあります。

しかし、「コシヒカリ」だけとりあげても、何度も品種改良が行なわれてきました。もちろん日本では、DNA(遺伝子)の操作などではなく、品種どうしの掛け合わせで研究されているそうです。

私たち米業界の者も、初期の「コシヒカリ」はもっと小粒だったとか、もっと「味」があったとか、いやいや「ねばり」が良かったとか、と話します。確かに「コシヒカリ」のデビューはそれまでの品種との味の差にショックを受けた米業界でした。

初期の「コシヒカリ」は、台風に倒れやすく、病気にも弱い性質であったと聞きます。しかし、なんと言ってもそれまでに無い、美味しさを備えた「コシヒカリ」は、当時の硬直的な「食管制度」のせいもあり、消費者が望む銘柄を自由に仕入れられなかったことで、幻の銘柄米として一機に「コシヒカリ」の人気に火が付いてしまったのです。

そうすると、全国的に「コシヒカリ」の作付けが始まり、農業経営の観点から安定的に収穫を得るために、品種改良の必要があったということでしょう。

やっぱり、私も昔の方が今より小粒で味が少し良かった気がします。

| | コメント (2)

2006年7月22日 (土)

条件反射

「梅干し屋 坂本くにゆき」さん 農家紹介

このお写真を見ると口に唾が湧いてくるのは私だけでしょうか。私は生まれも育ちも和歌山なので子供の時から梅干は有って当たり前という環境でした。

もちろん、こんな立派な南高梅ではありませんでしたが、夏休み後半は必ず冷たい飲み物の飲みすぎでお腹をこわしていた小学生の私は、随分「おかゆ」と「梅干」のお世話になりました。

いつも農家の親戚から、自家製梅干を送っていただき、お陰で私の腹痛はたいてい「梅干」、ひどい腹痛は「梅干の壷に溜まった梅酢」を食して乗り越えておりました。

ですから、わが家の梅干はハチミツなどの入った甘い軟弱なものではなく、梅干を想像するだけで唾が湧く、それだけで当社のお米で炊いたご飯なら、お茶碗一杯はいけるお得な梅干なのです。(それだけ当社のお米は「おいしい」と言いたい)

ところが、ある年。

親戚のオバチャンが「梅干漬けたから」、と届けて下さった梅干は甘かった・・・・のです。

そのオバチャンいわく、「うちの梅干スッパイから、子供でも食べやすいように甘く漬けたよ」 と言うわけですが、今は研究で甘い梅干も美味しいものが沢山ありますが、私の子供のころですから、30年以上前の話です。砂糖をつかった梅干は、子供の私でも違和感のある味でした。

そして、次の年、母親が「ならば私が漬けてあげよう」 と梅を購入、挑戦致しましたが、「天日干し」の作業で、見事に梅にカビを生やしてしまい。 失敗!

それ以降、わが家では「梅酒は漬けても、梅は漬けるな」 という変な家訓が生れたのです。

この坂本さんのお写真はどの工程なのでしょうか、「南高梅」は梅の王様、その「南高梅」を自然落下するまで、木で熟成させておられるとは梅の実が立派なハズです。でも、その分、梅の木の負担も考えると収穫後の木へのいたわり、お世話も大変ですね。

また、「南高梅」は果肉は豊富でも、皮は本当にうすい梅です。だから値打ちが有るのですが、作業のお気遣いも大変なのでしょうね。

| | コメント (0)

2006年7月20日 (木)

妙高の湧き水

小出農場さん 農家紹介

「こんこん」と湧き出るこの泉は、新潟県妙高の小出農場さんが丹精込めた「認証特別栽培コシヒカリ」の栽培に使用されている妙高の湧き水です。妙高山から湧き出るこの泉は、年中尽きることがないそうです。

当社の小売店でも、「新潟県妙高産の認証特別栽培コシヒカリ」を販売いたしておりますが、夏場で味の落ちるこの時期でも大変人気の高い商品のひとつです。

そのうえ、こんなきれいな水を使って育てられた「小出農場さんのコシヒカリ」は、さぞかし美味しいでしょうね。

あまり知られていませんが、美味しいお米産地の条件のひとつに「日中の気温と夜の気温の差が大きい所」というのが有ります。コメ業界でも、おいしい産地として目星を付けられる所は、この一日の寒暖の差が10度近い所が多いものです。もちろん、それが全てでは有りませんが。

「妙高」はその条件に適った土地です。

しかし、お米にとって、この過酷な生存条件は、コメ農家さんのご苦心と技術の見せ所です。気を抜くと美味しいお米どころか、冷害で収穫できないことも多々あります。

この過酷な条件を作り手の愛情を受け、耐えて育ったお米が、皆がうなづく美味しいお米に成長します。

ともあれ、暑い毎日、この冷たい妙高の湧き水を一杯飲んで見たいものですね。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年7月19日 (水)

古代米、「白毛もち米」

上伊那農民組合さん

農家紹介

先日、「古代米」の黒米について紹介させて頂きましたが、古代米というのは、赤米、黒米だけではありません。すでに絶滅してしまったり、絶滅に瀕している品種も人知れず存在しています。

今日、ご紹介するのは千年余り地域の人々に受け継がれながら栽培が非常にむずかしい為、今まで世に出ることがなかったお米です。近年の機械化、効率化が要求される農業経営の中で一層存続が難しくなっている「白毛もち米」を「上伊那農民組合」の方達がなんとか存続させようと、栽培、販売に取り組んでおられます。

「白毛もち米」のおいしさ、特長は以下でご覧ください。

上伊那農民組合産直センター白毛もち部会さん

私も品種改良の手が加えられていない、「古代米」の圧倒的パワーを「白毛もち米」で味わいたいと思います。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

|

2006年7月18日 (火)

東京烏骨鶏卵

新島アシタバハウスさん

伊豆諸島の新島で、アシタバを栽培されている「新島アシタバハウス」さんは、そのアシタバを自由に食べさせる放し飼いで「東京烏骨鶏」を育てておられます。

東京都の「東京烏骨鶏」は、鶏(にわとり)とは違い毎日卵を産みません。その貴重な卵を「東京烏骨鶏卵」として販売していらっしゃいます。

東京都の指定する「東京ブランド」というだけあって、味は濃厚で、何より農薬を使わずに育てられた「アシタバ」を餌にしているのですから、非常に安心です。

わが家でも、橋本さんにお願いして送っていただきました。台風が近付くなかでの出荷で大変ご心配をお掛けしたようですが、無事到着、さっそく当社自慢の最高級こしひかりの炊きたてご飯にかけて頂きました。

これがもう最高!「コシヒカリ」と濃厚な「卵」のハーモニーは絶妙でした。たまご掛けご飯の決定版です。

「東京烏骨鶏卵」のご出品価格はただ今、「特別価格」だそうです、

「アット農家」「加工品・卵」のコーナーでご覧ください。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年7月17日 (月)

涼しげな写真

八十岡果樹園さん 農家紹介

「アット農家」掲載中の茨城県下妻市「八十岡果樹園」さんの風景のお写真がすばらしいです。このところ、関西はうだるような暑さが続いておりますが、このお写真を見ると心に清涼感が芽生えます。

きれいな水辺とバックの大きな山は何と言うのか判りませんが、本当に美しい所です。

八十岡さんご夫妻はこんなすばらしい大自然のもとで、果樹栽培をなさっているのですね。

出品されている「とっても甘い◆幸水(梨)◆ 」や「完熟 巨峰 」も、さぞかしおいしい果物に成長して、まもなく出荷です。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年7月16日 (日)

古代のお米

農園 『花囲夢』さん

農家紹介

千葉県我孫子市の農園 『花囲夢』さんは、古代米を栽培されています。文字通り古代に栽培されていたお米で、長い間農業ベースでは栽培されなくなっていたそうです。

赤米はわずかに、出雲大社のお供え用に受け継がれ、黒米は中国の薬膳料理(漢方料理)として半ば漢方薬的に伝えられてきたものです。

黒米は「もち米」ですので「ねばり」「甘味」もあり、普通のお米に混ぜて使います。その時のご飯の色合いは上品な深い紫色です。赤米は「もち米」ではなく普通の「うるち米」のため、黒米のほうが、ねばり、甘味が勝ります。赤米はご飯に入れると橙色になります。

私共の小売店でも黒米を店頭で販売いたしておりますが、黒米と言いましても、黒い色はブルーベリーと同じアントシアニンという色素で、これがブルーベリーよりも多く含まれています。

黒い食品は体に良い、まさにその黒い食品なのです。

では、なぜ古代米は農業ベースでは栽培されなくなったのでしょう、総体に古代米は稲毛(いなけ)が長く、風に吹かれると倒れやすいという特徴があります。その上、稲穂は非常に籾(実)がこぼれ落ちやすく過敏なくらいです。

つまり、台風の被害を受けやすく、稲刈りもコンバインを使うと稲刈りの最中にどんどん籾(実)がこぼれ落ち収穫ができない、そのため、鎌(かま)を使って手作業でそっと刈り取らなければならないそうです。

米一合に対して、スプーン小さじ一杯の黒米を混ぜると、調度、炊き上がりが赤紫のお赤飯のように出来上がります。黒米は古代に赤飯として用いられたと言われています。こうして作ったお赤飯は、子供さんにも大好評です。当店では、毎年年末になると「黒米」で作った「お餅」をお客様に差し上げてこれまた大好評です。黒米をお餅に混ぜると柔らかさが増し、ねばりも増し、非常においしくなります。

餅にする場合は、普通のもち米に対して一、二割程度が良い色合いになります。何れにしても、米やもち米はゴシゴシといでも、黒米はさらっと洗う程度にします。洗っているはしから黒い色素が溶けて流れてしまうからです。

餅に入れた場合も黒米のプチプチ感が子供さんにも、大人にも、とても好評です。

「アット農家」では、お米のコーナーでご覧いただけます。


■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年7月15日 (土)

わかめ豚

池田農場さん

いいネーミングですね、この「わかめ豚」は宮崎県の池田農場さんが長年の工夫で育てられた特別のポークです。

豚の餌に、わかめを始めとする海藻や、大豆・ライ麦・きび・きな粉等健康素材を取り入れ、豚の健康に大変気を使いながら育てられています。

当然、「わかめ豚」の肉質はやわらかく、味わいは深く、それでいて癖のない本当においしい豚肉になっています。

簡単に言ってしまえば、こうなりますが、この「わかめ豚」が出来上がるまでの苦労は大変なもので、最初は誰にもまともに相手にされず、池田さんご夫婦が二人三脚で試行錯誤を続けられ、豚舎に泊り込みの作業も連続した上での今日があるそうです。

「わかめ豚」が出来上がっても、通常の豚肉とは全く付加価値が違うために、通常品との区別を関係先(処理、販路ルート)に理解していただくのにまたご苦労されたそうです。

「わかめ豚」が出来上がったころは、インターネットもなく、今のように「こだわり食材」が大変注目される世の中ではありません、流通を受け持つ部門の方達からすれば、「めんどうで、じゃまくさい」という認識しかなかったようです。

そういう状況を切り開いたのも、池田さんご夫婦です。一流デパートのバイヤーを訪ね、売り場で試食宣伝活動をご夫婦でされたり、神戸の有名なお肉屋さんにも自ら売り込んだり、と大変な努力の末、消費者の方達から、「わかめ豚」を欲しいという声が活発に上がるようになりました。

今では、地元有力デパートを始め、関西のデパートでも取り扱われています。もちろん地元の役場、県、流通関係のかたがたの理解と協力も頂けるようになったそうです。

こんな、すばらしい「わかめ豚」も「アット農家」でお取り寄せ、ご注文していただくことができます。「加工品」のコーナーでご覧ください。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年7月14日 (金)

アイガモ農法

「わたなべふぁーむ」さん

田宮農園さん

農家紹介

アイガモ農法ってご存知ですか、田んぼに合鴨を放し飼いにして、雑草を合鴨に食べていただく農法です。

雑草が田んぼに生えるとなぜいけないのか、それは雑草は生命力が強く、稲に与えたはずの栄養分を横取りしてしまうからです。

では、なぜ合鴨に雑草を食べさせるのか、それは「除草剤」を使いたくないからです。けっして「合鴨を育て売り飛ばそう!」 などと合鴨を飼っているのではありません。

私の知っている和歌山のアイガモ農法農家さんは、合鴨をお金を出して借りています。夜は野犬に襲われるので、電気バリヤーのネットで囲んだ、夜のアイガモ安全地帯を田んぼの片隅につくって、毎日、日暮れになる前に、合鴨を呼び集めています。

結構、手間もお金も掛かっているようです。でも田んぼにガァー、ガァーと小さい声で鳴いて泳ぎまわっている合鴨は可愛いですよ。

ご高齢のため、作付け面積を僅かに限っておられ、出来たお米は100%予約で完売してしまいます。やはり価値のあるものは固定客が離れないということでしょうか。

「アット農家」でも、茨城県の「田宮農園」さんや、熊本県の「わたなべふぁーむ」さんが出品されておられますが、「田宮農園」さんのアイガモの写真、可愛いですね。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)