2006年7月 4日 (火)

セルジオ越後氏が来られます。

コマーシャルで申し訳ありませんが、来る8月5日「リンクス和歌山講演会」が岸本周平氏のコーディネートにより開かれます。

今回は、辛口なサッカー解説でおなじみのセルジオ越後氏をお招きしました。解説以外に、少年サッカー指導にも力を注がれています。本音トークとジョークを交えたセルジオ講演。教育論は特に聞き応えがあると評判です。

セルジオ越後氏はブラジル・サンパウロ生まれの日系2世で、18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約され、ブラジル代表候補にも選ばれた方です。

日時 平成18年8月5日(土) 午後二時半受付 午後三時より講演

                   講師 サッカー解説者 セルジオ 越後氏

                   コーディネーター 中央大学客員教授 岸本 周平氏

場所 ダイワロイネットホテル和歌山 4F   和歌山市七番丁26-1

会費 3,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

定員 300名 (定員になり次第締め切らせていただきます)

ご参加お申込みの場合は上記連絡先に、「ご参加」とお名前、ご住所、お電話番号をお伝えください。

次回からの「リンクス和歌山」案内ご希望の方は、上記連絡先にお名前とFAX番号かメールアドレスをお知らせください。


人気blogランキングに登録しています。
記事が面白いと思った方はポチっと押してください↓

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年6月 3日 (土)

ちょ!!!?? by 弐式@社長補佐

右太もも痛、柳沢もマルタ戦欠場
 ショック、柳沢も離脱-。ドイツW杯に臨むサッカー日本代表のFW柳沢敦(29)=鹿島=が右太もも裏の痛みを訴え、2日、ボン市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受けた。

え!!!???・・・

ちょ!!!?

待ってよ!!!!

よりによって今なんですか???

ありえねーーーー!!!!

って叫びたい。

この前の対ドイツ戦かなりよかったのに、非常に残念。
早く復帰して欲しいです。

ただ次のマルタ戦。
いままで試合に出ていなかった選手に光が当たって、
新しい救世主が名乗りを上げそうな予感ww

はたしてどれだけ予選開始までに調子を上げられるか?
ここが重要ですね。

TB:
http://blog.livedoor.jp/namibiya/archives/50644552.html
http://ameblo.jp/izumi-roka/entry-10013166495.html
http://azusa18.blog10.fc2.com/blog-entry-232.html
http://blog.goo.ne.jp/adap_2006/e/97db2de53ab6396d2dcc446ee87e385d
http://takesu.at.webry.info/200606/article_29.html


人気blogランキングに登録しています。
記事が面白いと思った方はポチっと押してください↓

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年5月29日 (月)

まとめる力 by弐式@社長補佐

弐式@元左ウイングです。
いよいよワールドカップまで残り10日。
盛り上がってきましたねぇ!!!
最近、かなりワールドカップの日記多い気がしますが、それは気にしない方向でw

最近、ジーコJAPANはかなりまとまってきているようですね。

キング・カズが変えた!ヒデ笑顔連発、“孤高の王様”返上!
2006年5月29日(月) 8時2分 サンケイスポーツ 
 サッカー日本代表・W杯直前合宿(28日、ドイツ・ボン)カズ流で勝つ!! MF中田英寿(29)=ボルトン=が当地での練習で孤高から融和へと大変身。その裏にはキング・カズこと元日本代表FW三浦知良(39)=横浜FC=からのアドバイスがあった。6月8日放送のスカイパーフェクTV!『nakata.netTV』の番組収録で対談し“カズ流リーダー像”を学び取った。生まれ変わったキング・ヒデが、ジーコ・ジャパンに和をもたらす。
 

<サッカー日本代表>紅白戦 最終ラインで意見に相違
2006年5月29日(月) 10時38分 毎日新聞 
 W杯を目前にして、日本代表が懸命に答えを探し求めている。テーマは「ボールを奪う位置」だ。自陣に下がってもしっかりと11人のブロックを作って奪いたい守備陣と、より相手ゴールに近い位置で奪って果敢に攻めにつなげたい攻撃陣の意見に隔たりがある。
 

やはりコミュニケーションがうまくいっているチームは、
笑いながら楽しくしているけれども、締めるところは締めていると思います。
昨日ブラジル代表の番組を見ていたのですが、リフティングを非常に楽しくしていて、
見ているこっちも楽しい気分になりました。
しかし、作戦会議などの締める場面では全員が集中し、一丸となってチームのことを考えていました。

ヒデは確かに、昔は無愛想だったと思います。
サッカーに対して常にストイック。
ただ行き過ぎたストイックな意識は結果としてチームの雰囲気を重くします。
だから孤高のキングとして存在していた。
ですが、チームとして一番大切なのは、チームのメンバーとの意識の共有だと思います。
今までのヒデでは普段何気ないことでも話しづらく、
結果何もいえなくてチーム内がギクシャクしていたのではないかと思います。
そういった中、ヒデが笑うようになり、みんながヒデに集まってくることで、
チーム全体がまとまってくるのではないでしょうか?

後者の記事は一見マイナスのように思えますが、僕はそうじゃないと思います。
意見が出てる時点で、チームとして勝利を願っていると思いますし、
話合いの結果意見が統一されてよりまとまりが出てくると思います。
確かにまとまらなかった事もあるとおもいますが、今のヒデはそういったことにならないでしょう。
そういった点でヒデの変化を喜ばしく思います。

今、F組の中で、日本はかなり低く見られています。

独で辛口予想「日本はF組最下位」
 “ジャーマンタワー”の予想は日本最下位。ドイツ代表のチーフマネジャーを務めるオリバー・ビアホフ氏(38)が28日付の現地紙「ビルト紙」で、W杯1次リーグF組の日本が1分け2敗の勝ち点1で4チーム中、最下位になると予想した。 

確かにぱっと見はそう見えますね(汗)
いままでは確かに戦力不足とか、ネガティブに考えていました。
だけど今回のヒデの変化、チームのまとまり。
こういった事実は今回のワールドカップでのジーコJAPANの活躍を感じさせてくれます。

F組の予選が始まるまでに、チームとしてひとつにまとまり、完成度を上げてくれると信じています。

TB:
http://yuuwaclub.blog2.fc2.com/blog-entry-180.html
http://blog.goo.ne.jp/kiwamu_2005/e/db5197507843475f7066d7038d0c47a8
http://blog.goo.ne.jp/hiroyuki3710/e/0054a0379c8775ceec5b85466eb95f0f


人気blogランキングに登録しています。
記事が面白いと思った方はポチっと押してください↓

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (0)

2006年5月22日 (月)

ワールドカップ!!!

いよいよワールドカップが近づいてきましたね。
元サッカー少年、弐式@社長補佐です。

今回のワールドカップは正直不安でいっぱいです。

今の日本は得点力不足がかなり大きな問題です。
しかし、得点力のある柳沢の負傷。
これは正直痛いですね。
ですので今回新加入の巻にはかなり期待していますw
巻の粘り強さが日本を勝利に導いてくれるのではないでしょうか?
また俊介が代表入りしたのが素直にうれしいですね。
是非、黄金の中盤の実力を見せ付けてほしいところ。

ちなみにドイツって飯がまずいらしいですね。
ちょっとびっくりです。
ソーセージとか普通においしそうなんですがw
ただいわれてみるとザワークラウトはちょっと苦手かも(汗)

そういえばテーマソングがORANGE RANGEの「チャンピオーネ」になりましたね。
個人的にORANGE RANGEは好きなんですが、やはり前回大会のドラゴンアッシュの「Fantasista」と比べると、ちょっと微妙かも。
「Fantasista」のいいところは、シンプルなフレーズで分かりやすいのとかなり熱くなれるとこ!!w
やっぱり熱い曲がほしかったw

日本のいるFグループはブラジル、クロアチア、オーストラリアの競合ぞろいですが、勝ち残ってくれると信じています。

頑張れ日本!!!!

TB:↓
http://blog.livedoor.jp/united_messi/archives/50021921.html#trackback
http://blog.livedoor.jp/magazinehouse/archives/50369138.html
http://blog.livedoor.jp/naka8533/archives/50624971.html
http://afnet.seesaa.net/article/18205464.html#trackback
http://blog.livedoor.jp/okouki/archives/50402368.html
http://zico-japan.seesaa.net/article/18205076.html
http://kazzya.cocolog-nifty.com/myself/2006/05/2006jc7_vs__f8e3.html
http://ht-hiro-v.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_ed92.html
http://acfiorentina1926.air-nifty.com/firenze/2006/05/post_2011.html
http://zico-japan.seesaa.net/article/18205076.html

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

| | コメント (4)

2006年5月 8日 (月)

引退の意味 by弐式@社長補佐

うーむ。
ついに連休終わっちゃいましたね。
何か終わってみると、最初は

「何もすることねーよ!!(ノ ̄Д ̄)ノ彡┻┻ 」

って感じだったんですが、意外にも終わってみると結構忙しかったように思います。

ただ長期休暇の次の日の出社はかなりつらいですね。
今まではのほほ~んと数日間過ごせたのに、朝早く起きないといけない・・・
非常につらいところですな。

とか言って実は月曜病なのか?とも思ってみたりw

なんにせよ気持ち切り替えてやっていかないといけませんね。

それはそうと、ついに荒川静香選手の去就が発表されましたね。
今後はプロスケーターに転向し、アイスショーなどに出るそうです。
プロ転向の決め手は「トリノ五輪の結果と(会心の)演技で気持ちが固まった」とのこと。
トリノの金メダルがまさに優秀の美になりました。
ただ個人的にはまだまだ選手としては旬なのでは?と思います。
多分、周りも同じようなこと考えて、「辞めるのはもったいないと思っている人もいるのではないでしょうか?

アスリートには2通りの辞め方があるように思います。
1つは、「結果を残し、それに満足して辞める人」。
もうひとつは、「可能な限り現役を貫き通す人」。
前者が荒川選手。
後者が原田選手といったところでしょうか。

まぁ、選手の引退は選手自身で決める問題ですので、あまり周りがその決断に際して言うのはいいとは思いません。
何事も人から言われて行うことなんて、自分で納得できなければ後引きますしね。
社会的とか、対外的にみたら現役の一番脂が乗っているときに辞めるということは、凄いもったいなく感じると思います。
だけど、一番動けるときに、「競う」側ではなく、「魅せる」側に立ったとき、観客としてはとても喜ばしいですよね。
やっぱり名前だけ有名で、見てみるとがっかりだったりってのはかなり見ている側としては残念です。
そう考えると、一番旬な荒川静香選手をアイスショーで見れるのは非常にこちらとしてはうれしいですよねw
多分、荒川選手も、そういったことを考えて、今回の決断を行ったんだと思います。

また今回の引退も今のスケート人気低迷を荒川選手自身で考えてのことではないでしょうか?
金メダルの選手の演技がアイスショーで見れると考えると、やはり人気の復活になるでしょう。
日本スケート連盟の資金着服や、浅田真央選手のトリノ断念など、スケート界を盛り下げる要因が多かった中で、今回のプロ転向はいい結果になるのではないでしょうか?

是非、荒川静香選手にはがんばってほしいところです。

 

 

トラックバック:↓
http://app.blog.livedoor.jp/hoddy/tb.cgi/50512687
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9977540
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1733036
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1729496
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9975625
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9975215
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9975177
http://app.blog.livedoor.jp/news_news23/tb.cgi/50211114
http://flash.blog4.fc2.com/tb.php/264-4200e2bd
http://omoshirogeinoudouga.blog65.fc2.com/tb.php/5-90c8b528
http://bf775.exblog.jp/tb/4589470

(↑トラックバックURLだった…後でblogURLに直しておきますorz)



■リンク

@農家:

http://www.attonouka.com/

mixi「@農家コミュ」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=787273

mixi「@社長」:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3867929

mixi「社長補佐1号」:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4089064

mixi「弐式@社長補佐」:
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4101073

↑↑↑blogの3人組がそろってmixiに参入!mixiされてる方は是非!

| | コメント (5)

2006年5月 6日 (土)

亀田兄弟  by弐式@社長補佐

昨日のボクシング見ましたか?
亀田兄弟の試合です。
正直見ててかなりスカッとしますね。

(K1とかPRIDEで日本人がかなりやられてるのでその鬱憤晴らしなんでしょうがw)

今まで放送されてる分を見てると、

「亀田兄弟を止められるやつっているんか?」

って思っちゃうくらい圧倒的な攻撃力ですねw
僕は昔のガッツ石松や渡嘉敷とかを見てないんで、今の亀田兄弟がかなり凄いように思えるんですが、実際、昔の王者を見てきてる方は

「久々に元気な奴が出てきたな!!」

って位なんでしょうか?

ただ試合が終わった後、Yahooでみたニュースの一記事。

『プロボクシング・10回戦(5日・有明コロシアム)――フライ級の世界ボクシング協会(WBA)4位、世界ボクシング評議会(WBC)5位、亀田興毅(19)(協栄)が「世界前哨戦」でWBC30位、カルロス・ファハルド(ニカラグア)を2回1分28秒、TKOで下した。』

・・・・・・・

・・・

ん!!?

WBA世界ランク30位の敵???

現在、亀田興毅はWBA世界ランク5位。

よく考えたら『世界前哨戦・最終章』って名打ってるから確かにココで強い奴と当ててもあんまり意味は無いんですが、ちょっと不安に。
現在5位の選手が30位の選手と試合すりゃ、そりゃ圧勝するわな・・・。
世界戦大丈夫かな???

といっても、なんだかんだで日本ボクシング会では一番脂が乗って期待の高い選手だと思う。
実際、あの年にしてあの威圧感。
多分、対峙してる選手は相当なプレッシャーを受けて戦っているはずだ。
そういうことを考えると今後もあの「攻めて攻めて攻めまくる!!!」亀田興毅(というか兄弟w)はかなり凄いと思う。

ただ、ふと思うのが、もし世界ランク一位の選手が亀田のあの突込みをいなしきったら?
なんかこんなイメージが浮かんだ。

押せ押せで攻める亀田興毅。

後ろに下がるチャンピオン。

押し切るか!!?といった瞬間、隙をついたチャンピオンのカウンター!!!

一撃で終了・・・・。

気迫で押す戦法はこういった隙を着かれた一撃で幕を閉じる気がする。
まぁ亀田興毅にとって、そういうことは可能性としては低いところだが、可能性は全く無いわけではない。

やっぱり実際にならないとわからんなぁ。
そんなこんな思いつつ、次の世界挑戦が非常に楽しみだったりするんですがw

| | コメント (0)