« アイガモ農法 | トップページ | 古代のお米 »

2006年7月15日 (土)

わかめ豚

池田農場さん

いいネーミングですね、この「わかめ豚」は宮崎県の池田農場さんが長年の工夫で育てられた特別のポークです。

豚の餌に、わかめを始めとする海藻や、大豆・ライ麦・きび・きな粉等健康素材を取り入れ、豚の健康に大変気を使いながら育てられています。

当然、「わかめ豚」の肉質はやわらかく、味わいは深く、それでいて癖のない本当においしい豚肉になっています。

簡単に言ってしまえば、こうなりますが、この「わかめ豚」が出来上がるまでの苦労は大変なもので、最初は誰にもまともに相手にされず、池田さんご夫婦が二人三脚で試行錯誤を続けられ、豚舎に泊り込みの作業も連続した上での今日があるそうです。

「わかめ豚」が出来上がっても、通常の豚肉とは全く付加価値が違うために、通常品との区別を関係先(処理、販路ルート)に理解していただくのにまたご苦労されたそうです。

「わかめ豚」が出来上がったころは、インターネットもなく、今のように「こだわり食材」が大変注目される世の中ではありません、流通を受け持つ部門の方達からすれば、「めんどうで、じゃまくさい」という認識しかなかったようです。

そういう状況を切り開いたのも、池田さんご夫婦です。一流デパートのバイヤーを訪ね、売り場で試食宣伝活動をご夫婦でされたり、神戸の有名なお肉屋さんにも自ら売り込んだり、と大変な努力の末、消費者の方達から、「わかめ豚」を欲しいという声が活発に上がるようになりました。

今では、地元有力デパートを始め、関西のデパートでも取り扱われています。もちろん地元の役場、県、流通関係のかたがたの理解と協力も頂けるようになったそうです。

こんな、すばらしい「わかめ豚」も「アット農家」でお取り寄せ、ご注文していただくことができます。「加工品」のコーナーでご覧ください。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

|

« アイガモ農法 | トップページ | 古代のお米 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。