« 古代米、「白毛もち米」 | トップページ | 条件反射 »

2006年7月20日 (木)

妙高の湧き水

小出農場さん 農家紹介

「こんこん」と湧き出るこの泉は、新潟県妙高の小出農場さんが丹精込めた「認証特別栽培コシヒカリ」の栽培に使用されている妙高の湧き水です。妙高山から湧き出るこの泉は、年中尽きることがないそうです。

当社の小売店でも、「新潟県妙高産の認証特別栽培コシヒカリ」を販売いたしておりますが、夏場で味の落ちるこの時期でも大変人気の高い商品のひとつです。

そのうえ、こんなきれいな水を使って育てられた「小出農場さんのコシヒカリ」は、さぞかし美味しいでしょうね。

あまり知られていませんが、美味しいお米産地の条件のひとつに「日中の気温と夜の気温の差が大きい所」というのが有ります。コメ業界でも、おいしい産地として目星を付けられる所は、この一日の寒暖の差が10度近い所が多いものです。もちろん、それが全てでは有りませんが。

「妙高」はその条件に適った土地です。

しかし、お米にとって、この過酷な生存条件は、コメ農家さんのご苦心と技術の見せ所です。気を抜くと美味しいお米どころか、冷害で収穫できないことも多々あります。

この過酷な条件を作り手の愛情を受け、耐えて育ったお米が、皆がうなづく美味しいお米に成長します。

ともあれ、暑い毎日、この冷たい妙高の湧き水を一杯飲んで見たいものですね。

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

|

« 古代米、「白毛もち米」 | トップページ | 条件反射 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。