« 「コシヒカリ」の原種 | トップページ | 徒歩通勤 »

2006年7月24日 (月)

新米

もうまもなく、平成18年産のお米が出荷されます。

米の商売をしていて、たまに呆気に取られることが有りますが、その一つに「新米」という米のとらえ方があります。

「新米」は「採れ立てのお米」の呼び方です。秋に「稲刈り」がありますので、例えば18年産なら、平成18年の秋から年末まで米袋に「新米」と表示しても許されますが、年を越すとだめです。

お客さまで、年を越しても「新米をくれ」 といわれる方がおられますが、年を越すと「新米」という売り方は無くなります。

では、その平成18年産米が「古米」になったのかと言われると、そうではありません。平成19年になっても、「新米」と表示はできないが「古米」でもありません。その時点で「古米」と呼ばれるのは平成17年産です。

つまり、一つ前の産年のお米が「古米」です。一番、新しい産年のお米は「新米」と表示できないが「古米」とも呼びません。

店に買いに来られて、「新米がない、古米ばかりなのか?」と聞かれれば、今の説明になります。でも、くどい説明は特に男性に嫌われますので、感覚的に5月くらいまでは「それ新米ですよ」 と言ったほうが、すっきり伝わります。袋の表示はしませんが、新米という説明は許されます。

困るのは夏場の今の時期です。店に並んでいるお米は、「新米」登場で「古米」と呼ばれるまで後わずか1~2ヶ月。夏場はお米の味もダウン傾向です。

もうすぐ、7月末には、鹿児島県、宮崎県の「新米」も出荷されますが、北陸、東北の「新米」はまだまだ先のこの時期に「どの店に行っても新米がない、まずい古米ばっかりや、」とお怒りのお客さまがおられます。そういう時は、今買っていらしゃるお米より、少し高いお米をお勧めして、そのクラスのお米の新米が出始めると、もとのお米に戻すようお勧めします。

お米へのこだわりはお客様によって、本当に変わります。

|

« 「コシヒカリ」の原種 | トップページ | 徒歩通勤 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。