« 口ぐせの効用 | トップページ | セルジオ越後氏が来られます。 »

2006年6月28日 (水)

口ぐせの効用、パート2

私が口ぐせの効用、或いは口ぐせの怖さに気づいたのは、口ぐせに付いて書かれた本を読んだことがキッカケです。

その時、妙に納得することがあったからです、実は私の存じ上げる社長さんで、再々と「有り難いわ~」「有り難いわ~」とおっしゃる方がおられます。たぶん口ぐせレベルではなく本心からそういう言葉を出しておられたようですが。

商売も厳しい中、その社長さんの会社は順調に発展されていました。私はこれは本当に「口ぐせ」というものは、効用があるなと思い、「ありがたい」「ありがたい」を連発するように心掛けました。

しかし、、、、、、、。 独り言でブツブツ「アリガタイ」ブツブツ「アリガタイ」と言っている訳にもいきません。結局だれかを捕まえて、よもやま話して「ありがたいわ~」「ありがたいわ~」というのが自然です。「ありがたいわ~」という言葉を出せる話といえば、相手にとっては単なる私の自慢話に過ぎません。

結局、私の自慢話にお付き合い頂ける暇人は私の周りに居らず、挫折。代わって「難儀やな~」を「いや難儀やない、難儀やないで~」の、口ぐせに変えるように取り組んでおります。

ところで先の社長さんは、どういう風に「ありがたいわ~」を連発できたのでしょうか。それは、その社長さんの所へ営業に来る取引先を捕まえては、昔の思い出を延々と話し、その中で感謝の部分を必ず入れるという方法です。

その社長さんには、来客が引きもきらず、とてもお忙しい方ですから、取引先の者は、たまに自分が話相手に選んでもらえると、感激してお話を聞くという構図になっておりました。

しかし、最近はその社長さんにお会いしても、「ありがたいわ~」というお言葉が全く出なくなりました。他に良い話相手が出来てその方に「ありがたいわ~」と、おっしゃっているのなら良いのですが、以前より会社も苦戦のようです。


人気blogランキングに登録しています。
記事が面白いと思った方はポチっと押してください↓

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

|

« 口ぐせの効用 | トップページ | セルジオ越後氏が来られます。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。