« 田植えが始まった。 | トップページ | 休みはいいですね。 »

2006年6月 7日 (水)

「料理をつくる」を考える。

毎日、毎日休みなく、お腹は減ることを忘れません。必ず何かを食べることになりますが、

「さて、今日なに食べようか。」「なに、作ろうか。」「なに、食べたい?」

これって毎日考えると大変ですね。これを家内に任せっきりにしている私は幸せ者です。ですから私は家内に頭が上がらない、その理由だけではありませんが。

だいたい、赤ん坊が最初に言葉を覚えるのは、「マンマ」ですよね。「母親」か「食べ物」か判りませんが、食べ物(母乳)を用意してくれる人は誰にとっても「偉いお方」なのです。

さてさて、この間テレビで放送されていたそうですが、「毎日料理を作れば、脳細胞が退化しない、」という話を家内が聞きつけました。

私が訴えても信じて貰えないが、人から聞くとすぐに信じる、という家内ですから、テレビはわが家の家庭教師です。

「料理を作るときは、ものすごく脳細胞を働かせているらしい。」と得意げに話しております。「私より、あんたの方がボケるの早いわ。」

「そら、良かった。」←私が言いました。


人気blogランキングに登録しています。
記事が面白いと思った方はポチっと押してください↓

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

|

« 田植えが始まった。 | トップページ | 休みはいいですね。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。