« 「脳」を若返らせる | トップページ | 口ぐせの効用、パート2 »

2006年6月26日 (月)

口ぐせの効用

心に浮かんだ言葉、口に実際、出さない言葉も含めると、結構だれでも癖になってる言葉って有るのと違いますか。

それが自分の思考の癖になっている、そういうことでしょう。ならばこの「思考の癖」を磨き、プラスな癖にしよう。という個人プロジェクトを始めております。

例えば、何か問題が起こった時、まず心に浮かぶ言葉、「かなんな~」(癖ですから当然関西弁です、「困ったな~」の意味です) この言葉が出た瞬間、「いや、かなんことない、かなんことない」と打ち消します。そうすると困った気分を捨て去り、何か方策を考える姿勢に転換できます。

さらに良いのは「困難を与えて頂きありがとうございます」と思うことでしょうが、これは無理やり心に出すので標準語です。めったに出ません。

同じように、「難儀やな~」が出たとき、「いや難儀やない、難儀やないで」となり「難儀を与えて頂きありがとうございます」と出ればしめたもの。

でもこれは困ったことなのか、そうでもないのか、評価が自分で出来ない問題のとき、このプロジェクトでの私の対応は「う~む・・・」「いや、う~む・・・ことない」「う~む・・・を与えて頂きありがとうございます」となります。

これで良いのでしょうか、個人プロジェクトですから、私以外だれも知りません。


人気blogランキングに登録しています。
記事が面白いと思った方はポチっと押してください↓

■リンク

本家サイト「@農家」。是非一度お立ち寄りを♪

@農家:

http://www.attonouka.com/

|

« 「脳」を若返らせる | トップページ | 口ぐせの効用、パート2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。