« 母の日でした、、、あっと社長です。 | トップページ | 中学校の校則でした、、、あっと社長です。 »

2006年5月17日 (水)

キョンシーって知ってますか、あっと社長です。

我が家の庭に桜の木があります。桜といっても実(さくらんぼ)の成る木です。

「花見も出来る」し、実がなれば「味わえる」お得な桜の木なのです。

「さくらんぼは山形産」と思っていてはいけません。木で熟れるまで置いた「さくらんぼ」のおいしさは絶品です、そのはずです、たぶんそうです。

じつは我が家では、今まで庭の木の「食べごろさくらんぼ」なんて味わえませんでした。

なぜって、鳥ですよ鳥!鳥がいつも高い所から見ていて、食べごろになるときれいに食べてくれます。

家人が「食べごろさくらんぼ」を食べるためには作法があって、まずスーパーで「さくらんぼ」を買い、家では庭の「桜の木」を心から追い出して、味わうのです。

そんな我が家に救世主が現れました。

部屋のかたづけをした時発見した、「キョンシー人形」です。

息子がまだ推さなかったころに大ブレイクした、「キョンシー」は一種のゾンビなのですが、子供用ドラマなのでどこか可愛げもあるのです。

でも、少しだけ「そういえば怖いかも」という雰囲気も残しております。

これを「ベランダから吊り下げて鳥を追っ払おう」という発想は家内のものです。

私には思いもつきません。しかし家内の発想は我が家では絶対です、ご近所に笑われるのを覚悟の上、去年の「さくらんぼ」の盛りに吊り下げました。

その日の内にお隣のお嬢さんから「かわいー」と黄色い歓声が飛んでおりましたが、多分「キョンシー」という台湾のドラマが放送されていたことはご存知のない世代です。

効果が有るのかどうか、判らないまま二日間吊り下げ、三日目の雨ではずしました。

そして四日目の朝「さくらんぼ」は、鳥によってきれいに食べつくされのでした。

明らかに鳥は「キョンシー人形」を怖がっていたのです。

今年の我が家のベランダには早くから「キョンシー人形」が吊られております。

今、桜の木には「さくらんぼ」が鈴なりです。

|

« 母の日でした、、、あっと社長です。 | トップページ | 中学校の校則でした、、、あっと社長です。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。