« 5月の暑さじゃない!!! by弐式@社長補佐 | トップページ | 連休終わり、、、あっと社長です。 »

2006年5月 6日 (土)

亀田兄弟  by弐式@社長補佐

昨日のボクシング見ましたか?
亀田兄弟の試合です。
正直見ててかなりスカッとしますね。

(K1とかPRIDEで日本人がかなりやられてるのでその鬱憤晴らしなんでしょうがw)

今まで放送されてる分を見てると、

「亀田兄弟を止められるやつっているんか?」

って思っちゃうくらい圧倒的な攻撃力ですねw
僕は昔のガッツ石松や渡嘉敷とかを見てないんで、今の亀田兄弟がかなり凄いように思えるんですが、実際、昔の王者を見てきてる方は

「久々に元気な奴が出てきたな!!」

って位なんでしょうか?

ただ試合が終わった後、Yahooでみたニュースの一記事。

『プロボクシング・10回戦(5日・有明コロシアム)――フライ級の世界ボクシング協会(WBA)4位、世界ボクシング評議会(WBC)5位、亀田興毅(19)(協栄)が「世界前哨戦」でWBC30位、カルロス・ファハルド(ニカラグア)を2回1分28秒、TKOで下した。』

・・・・・・・

・・・

ん!!?

WBA世界ランク30位の敵???

現在、亀田興毅はWBA世界ランク5位。

よく考えたら『世界前哨戦・最終章』って名打ってるから確かにココで強い奴と当ててもあんまり意味は無いんですが、ちょっと不安に。
現在5位の選手が30位の選手と試合すりゃ、そりゃ圧勝するわな・・・。
世界戦大丈夫かな???

といっても、なんだかんだで日本ボクシング会では一番脂が乗って期待の高い選手だと思う。
実際、あの年にしてあの威圧感。
多分、対峙してる選手は相当なプレッシャーを受けて戦っているはずだ。
そういうことを考えると今後もあの「攻めて攻めて攻めまくる!!!」亀田興毅(というか兄弟w)はかなり凄いと思う。

ただ、ふと思うのが、もし世界ランク一位の選手が亀田のあの突込みをいなしきったら?
なんかこんなイメージが浮かんだ。

押せ押せで攻める亀田興毅。

後ろに下がるチャンピオン。

押し切るか!!?といった瞬間、隙をついたチャンピオンのカウンター!!!

一撃で終了・・・・。

気迫で押す戦法はこういった隙を着かれた一撃で幕を閉じる気がする。
まぁ亀田興毅にとって、そういうことは可能性としては低いところだが、可能性は全く無いわけではない。

やっぱり実際にならないとわからんなぁ。
そんなこんな思いつつ、次の世界挑戦が非常に楽しみだったりするんですがw

|

« 5月の暑さじゃない!!! by弐式@社長補佐 | トップページ | 連休終わり、、、あっと社長です。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。